ルネスタでどれだけぐっすり眠れるの?効果はいかに!

睡眠薬にはさまざまな種類があり、不眠症の症状やとりたい睡眠時間の長さによって使用すべき薬が変わってきます。
眠りたいのに布団に入っても眠れない」「以前より眠るまでに時間がかかってしまう」などといった、寝つきに関しての悩みを持っている人にオススメなのが「ルネスタです。

きちんと効果を得て必要な睡眠をとるために、ルネスタにはどういった効果があるのかを購入前に確かめておきましょう。

ルネスタは即効性に優れた翌朝スッキリの神アイテム!

睡眠の神「ルネスタ」

ルネスタはよく病院で処方されるアモバンの改善版であり、同様の効果が得られます。

ルネスタはエスゾピクロンを有効成分に持っている睡眠薬で、脳の興奮や緊張状態をやわらげてリラックス状態にし、眠気を高めて入眠しやすい状態を作り出すことが可能。
エスゾピクロンはアモバンの有効成分であるゾピクロンから苦みを取りだした成分であるため、飲みやすくなっています。

睡眠薬が販売された当初は、筋弛緩作用や抗不安作用などがあり、ふらつきや依存性が高いという問題点がありました。
その問題点を解決したのがアモバンであり、アモバンの改善版であるルネスタも欠点を克服しています。
それゆえルネスタを使用しても依存やふらつきがおこる可能性が低く、より安全に服用できるのです。

・脳をリラックス状態にして入眠しやすい状態をつくる
・ふらつき、依存性がおこる可能性は低い

ルネスタの作用にはGABAが関係している!?

某チョコレートのCMでGABAという言葉を聞いたことがあるかと思います。
ルネスタに睡眠の効果があるのには、このGABAが関係しているのです。

GABAは抑制性のある神経伝達物質で、脳の興奮や緊張を抑えてリラックス状態をもたらす作用があります。
不眠症の人はその量が減っていて思うように脳がリラックス状態になっていなく、興奮・緊張状態にあるため眠れないというパターンの人が多くいます。

ルネスタの有効成分であるエスゾピクロンは、そんなGABAに働きかけ効果を発揮するのです。
エスゾピクロンによってGABAの働きが促進され、脳の興奮・緊張を抑えてリラックス状態にし、眠気を誘います。
こういう仕組みからルネスタを服用することで眠れるのです。

ルネスタは神経に効くため耐性ができ、使い方によっては依存する可能性があります。
けれど神経に効くからこそ、一般用医薬品などに比べ効果が得られやすいのもたしか。
きちんと服用方法を守れば依存する可能性は低いため、用法用量などは確実に守り使用しましょう。

GABA・・・脳の興奮や緊張を抑えてリラックス状態にし、眠気をもたらす
エスゾピクロン・・・ルネスタの有効成分であり、GABAの働きを促進させる

ルネスタの時間についてのあれこれ

時間

ルネスタは服用後30分程度で効果があらわれて眠気がきます
それゆえ服用は就寝直前に行うのがベスト。

効果のピークは服用1時間後であり、あとは徐々に下がっていきピーク時の半分(効果のある期間)までは服用後5時間程度とされています。
効果が切れたらすぐに目が覚めるということはありません。

効果の発現が早く、作用時間が短いため、翌日まで眠気を引きずることはなく、作用時間内に睡眠が取れると翌日はスッキリとした気分で過ごせます。

・服用後30分程度で効果があらわれる
・作用時間は約5時間
・翌日に眠気を引きずらない

ルネスタを実際に使用している人の声

服用者の声

効果がわかったら実際に服用している人の声を聞いてみたいもの。
そこでツイッターにあるルネスタを服用している人たちの声を見てみましょう。